uto

やっと着手!宇土市本庁舎(宇土市役所)の解体工事始まる

熊本地震で半壊した宇土市本庁舎(宇土市役所)の解体工事が8月18日より始まりました。工事完了は来年の3月末予定。解体費は3億8000万円。新しい庁舎の場所はまだ未定で、候補に跡地や近くの公園の声があがっているとのことです

  • 2016/08/23
  • クマモ編集部

[blogcard url=”http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000094-mai-soci”]

こんな内容

  • 熊本地震から4か月。半壊していた宇土市役所の解体工事が8月18日よりはじまる
  • 更地にするまで7か月はかかる模様(2017年3月末予定)。新庁舎は跡地や近くの公園などに検討
  • 解体費用は3億8000万円の見込み

宇土市役所のこれまでの流れ

4月15日 業務停止

4月21日 宇土市民体育館にて窓口業務を受け付け

5月10日 市民体育館にて通常業務再開

8月8日 旧市役所裏駐車場にある仮設庁舎に移設

旧市役所裏駐車場にある仮設庁舎に移設し,本日8月8日(月)より業務を開始しました。

地震から約4か月でプレハブ仮設庁舎に。真夏の市民体育館での業務お疲れ様です。

解体工事に関して

18日は市役所の本庁舎に重機を投入し,本庁舎と議会棟をつないでいる1階部分から解体を行いました。この工事は約1週間で完了する予定で,地震で潰れて入ることができない4階と5階部分のパソコンや机などを強力な磁石をつけた重機で取り出したあと,順次解体を行う予定です。
出典:宇土市役所facebook

重要書類はそのままの状態になっているとのこと。可能な限り使える状態で取り出せれたらいいですね。
2階~3階は足場を組み、人が運び出すそうです。
又、建て直しの宇土市役所は5年後の2021年完成に向けて動いているとのことです。
場所は未定で候補に跡地や近くの公園などが挙げられている。

工事の様子

工期の2017年3月24日までに、全ての取り壊しを行う予定です。
ちなみに解体費用は3億8000万円とのこと

twitterから

まとめ

役所関連の被災は本当にダメージが大きいと感じました。
 
ただ財政の問題などもあり中々事が進まないのも事実
 
実際地震が起きてしまったので、よく言われることですが「一歩ずつ前進」していくしかないですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

最後までお読み頂きありがとうございます。
この記事が気に入ったらいいね!をぜひ!
もっと熊本を楽しく!
クマモは皆様の「いいね!」に支えられています。

 

クマモが気に入ったらいいね!をぜひ!
もっと熊本を楽しく!
クマモは皆様の「いいね!」に支えられています。

 

熊本のどローカルな情報をお届けするクマモの最新記事を、いいねしてチェックしよう!

  • エンタメ
  • 芸能人・有名人
  • 地域ニュース
  • Twitterまとめ
  • 子ども
  • グルメ
  • 社会
  • ネタ
  • スポーツ
  • 事件・事故
  • ライブ・コンサート
  • クイズ
  • イベント・お出かけ情報
ロアッソ熊本