gohho-icach

えっ?熊本にしかないの?!ゴッホ画用紙の謎を追え

「ゴッホ画用紙」をご存知でしょうか。熊本で生まれ育った方なら一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。実はこのゴッホ画用紙、熊本にしか存在しないモノなのではないか、そんな疑問を読者の方から頂き、調査してみました。

  • 2016/08/30
  • クマモ編集部

皆さんは、「ゴッホ画用紙」をご存知でしょうか。

先日、当サイトの読者の方(読者いたのか!)からこんなメールを頂きました。

初めまして。いつも楽しく記事を拝見しています。
さて突然ではありますが30年ほど前、小学生の時使っていた「ゴッホ画用紙」について、ふと思い出しました。
今になり懐かしく思い全国区だと信じていたあの画用紙ですがAmazonでも販売されていません。というかどこのメーカーなのかも今になってはわかりません。ぜひとも豊富な知識量を誇るクマモ様
ゴッホ画用紙のことを記事にしていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

 

ありがとうございます。

こんなサイトの記事でも読んで頂ける方がいたなんて嬉しい限りですm(__)m

さて、ゴッホ画用紙である。


↓先に結論をいうとゴッホ画用紙とはこんなモノです↓
gohhogayousi

特に何の変哲もない。どこにでもある画用紙である。

筆者も熊本生まれ熊本育ちですので、「ゴッホ画用紙」という名前自体はもちろん聞いたことがあります。

スケッチ大会、図画工作、小学~中学までの間ぐらいは頻繁に利用していたと思います。

しかし、このメールを頂くまで「ゴッホ画用紙」のことに思いを馳せることなどこれまで一度もなく(当たり前ですが)、本当に熊本だけにしか存在しないモノなのか。

俄然興味が湧きましたので、早速調べてみました。(とても長いです^^;)

「ゴッホ画用紙」とネットで検索してもわずかな情報しか出てこない。

とりあえず、手始めにお得意のインターネッツで「ゴッホ画用紙」で検索してみました。

gohho_kensakugamen

ここで意外な結果が。

【検索結果1】ゴッホ画用紙の「サイズ」についてのQ&Aサイト

検索結果の上位は、ゴッホ画用紙のサイズについてのQ&Aサイトが出てきました。

[blogcard url=”http://lineq.jp/q/6854843″]
[blogcard url=”http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1267859787″]

上記2つはゴッホ画用紙の「サイズ」についての質問でした。

(ちなみにゴッホ画用紙はB3サイズと同じで、364 × 515 ミリ である。)

ゴッホ画用紙が熊本のものであるのかどうかは手がかりなし。

【検索結果2】ゴッホ画用紙は熊本の方言?

そして検索結果の3~4番目あたりにこんな質問が

[blogcard url=”http://oshiete.goo.ne.jp/qa/825231.html”]

ゴッホ画用紙ってご存じの方、いらっしゃいませんか?
生まれて初めて聞いた言葉です。
色々検索し、熊本の市役所、画材道具店、額縁店等に問い合わせましたが、表が白、裏はネズミ色、B3としか分かりませんでした。
これはいったいどういった画用紙なのでしょうか?
ゴッホの名前はやはり、あのゴッホから来ているのでしょうか?
ご存じの方、教えて下さい。
ひょっとして、熊本地方の方言ですか?

ここに知りたいことの全ての疑問が書いてありましたが、それについての回答が、

あまり私も知りませんが、http://~略
このサイトの「アスリート~作品募集」というところにもゴッホ画用紙という言葉が使われています。
しかしこれは愛知発のサイトのようですので熊本の方言というわけではなさそうですね。

上記で紹介されているリンク先がもう無くなっているので、何が書いてあるかわかりませんでしたが、熊本以外でもゴッホ画用紙はあったようで、しかし肝心の「ゴッホ画用紙」が熊本だけのものかどうか、ということはわからずじまい。。。

【検索結果3】熊本在住者の日記サイト

さらに検索結果を見ていくとこんなサイトを発見。

fuusian

風師庵日記 (ふうしあんにっき)

2001年(!)から続いている日記サイト。

その中でこんな文章を発見。

娘の夏休みの課題で学校から「ゴッホ画用紙」に描くようにという指定があるそうだが、このゴッホ画用紙とは果たして何ぞや、小生、寡聞にして知らない、娘に訊いても知らないと言う。

この方の詳細なプロフィールなどは見当たりませんでしたが、文章から熊本県にお住まいの方ということは判明。

しかし、ゴッホ画用紙についてはご存知ではないとのこと。

さらに続けて、

ゴッホ画用紙という言葉で出てくるページはほとんどが熊本発の記事である、それも極めてマイナーな記事量、これは熊本地方の方言なのか?娘を連れて近くの文具屋さんにいったところ、極めて普通に売っていたので、これは熊本だけの規格かと訊ねたら、さあ?・・・とのことであった。

この方も検索して調べたが、熊本発の記事しか見当たらないとの見解。

しかし、文房具店には売っている模様。

さらにさらに続く文章に、

この用紙の共通語は無いのか、学校側ももっと保護者が分かる標準的な用語を使うようにしてほしいものである。(~中略~)娘はこれをみて、ああ、いつも学校で絵を描くときに配ってもらう紙だと言っていた。

と、ある。

このお子さんの学校では日常的に使われている模様。(記事の日付は平成24年)

しかし、ここで大きな収穫を得る。

平成24年時点では文房具店には売っている!

【検索結果4】熊本市も指定する「ゴッホ画用紙」

続けて検索結果を見てみると、熊本との関連を裏付ける大きな手がかりが。

nyusatu

ゴッホ画用紙その他紙代(熊本市役所)5363660 | 入札情報サービスNJSS

こちらのサイトは、行政の入札情報を扱うサービスだが、熊本市役所が「ゴッホ画用紙その他紙代」の納品ということで、公の場で「ゴッホ画用紙」という言葉を使っているではないか!

これはスゴイ発見。

さらに検索を読み進めると、熊日主催で有名な学童スケッチ大会のサイトを発見。

kumanicigakudou

学童スケッチ/熊本日日新聞

こちらの応募条件の中に、

テーマは風景・人物など自由。画用紙の大きさはB3サイズに限ります。ただし、ゴッホ画用紙は可。

と、堂々と書かれています。

【検索結果5】大分発の記事にも「ゴッホ画用紙」の記述あり

ooita-skech

けんなんマルシェ

こちらは大分の情報発信をしているサイトですが、こちらの応募要項にも、

サイズ:ゴッホ紙またはB3(364×515㍉)サイズ

と、指定してありました。

これまでの調査結果

  1. ネットで検索しても「ゴッホ画用紙」について書かれているサイトはほとんどなし。
  2. Amazon、楽天他ネットショップでも取り扱いなし。
  3. 熊本市や公のスケッチ大会などで「ゴッホ画用紙」の指定あり。(大分でも)
  4. 今でも販売はしているようだ。

熊本市も指定するゴッホ画用紙。

ゴッホ画用紙は果たして商品名なのか?

なぜほとんどが熊本だけなのか。

様々な疑問を胸に、いよいよ市場調査へ。

ゴッホ画用紙はどこでも買えるのか?

どうやらゴッホ画用紙は熊本(多分、大分も)だけの独自規格(?)のものであることは間違いなさそうだ。

しかし、Amazon、楽天はもとより画材を扱うようなネットショップを探してもゴッホ画用紙の取り扱いはなし。。

今でも本当に買えるのか。

画材専門店に電話で聞いてみることに。

電話したのは、県立大横にあるアマノトリアスさん。

アマノトリアス


tartgeticon

あのー、「ゴッホ画用紙」って売ってますか?


myicon

はい、ありますよ(即答)


tartgeticon

(え?!)あ、そうですか。はい、ありがとうございます。

-あっさり終了-

ある!普通に売ってる。
てかゴッホ画用紙で通じるし!

ゴッホ画用紙は今でも売ってるし、店員さんも知っていた!(ちょっと感動)

と、ここでまたしても疑問が。

アマノトリアスさんは画材の専門店なので置いてあっただけで、専門店ではないお店でもちゃんと売ってるのか。

専門店にしかない、といことになると少し話が変わってくる。

ということで、ここは困ったときのハンズマン!暮らし方いろいろ、わたし流。ハンズマン!

ハンズマン菊陽店に聞いてみた。


tartgeticon

あのー、そちらに「ゴッホ画用紙」って置いてありますか?


myicon

はい、ありますよ(即答)

またしても即答。普通に売っていた。

【結論】熊本のお店には今でも当たり前にゴッホ画用紙は売ってる

他県ではどんな反応をされるのか?

じゃあ他県では取り扱ってないのか。

ゴッホ画用紙は通じるのか?

熊本のハンズマンには売ってたので、じゃあ他県のハンズマンでも売ってるだろうと思い、九州各地のハンズマンに聞いてみることに。

ハンズマン大野城店(福岡)


tartgeticon

あのー、「ゴッホ画用紙」って売ってありますか


myicon

え、何ですか?オッホ?コウホウ?ウホッ?


tartgeticon

ゴ・ッ・ホ・画・用・紙、です。ウホウホッ。

注:ウホっとはお互い言っていない


myicon

・・・少々お待ち下さい。

-待つこと5分-


myicon

お待たせしました。はい。ありました。ゴッホ画用紙ですね。


tartgeticon

ちなみに、店員さん「ゴッホ画用紙」って聞いたことありますか?


myicon

うーん・・・いえ、今初めて知りました。


tartgeticon

そうなんですね。福岡じゃ使われていないんですね。ありがとうございました。

 

福岡では一応取り扱いはあったけど、ゴッホ画用紙自体は認知されていないようだ。

そして、この後、宮崎鹿児島のハンズマンに尋ねてみたら、全く同じやり取りをすることに。

鹿児島に至っては取り扱いもなし。

さらに、佐賀長崎はハンズマンの店舗がないので、割りと大きめの老舗の画材専門店に聞いてみるも、やはり取り扱いもなく、聞いたこともない、との回答が。

【結論】福岡、宮崎、鹿児島、佐賀、長崎では一部取り扱いはあるものの、ゴッホ画用紙自体は全く認知されていない。

 

そして気になっていた大分。熊本以外で唯一手がかりがあった大分。

大分にもハンズマンがありませんでしたので、大分といえば「トキハ」。「トキハ」と言えば大分。

トキハ わさだタウンさんに電話。


tartgeticon

あのー、「ゴッホ画用紙」って売ってますか?


myicon

はい、ありますよ(即答)


tartgeticon

(ある!!)すみません、ちなみに「ゴッホ画用紙」って大分で昔からありますか?


myicon

そうですねー。私も小さいころから使ってますし。


tartgeticon

そうなんですね!ありがとうございました!

大分人は知っていた!

店員さんは声から推測するに、若い女性と思われ、その方が子供の頃から使っているということなので、大分では恐らくずーっと定着しているものなのだろう。

【結論】どうやら熊本・大分では昔から使われているとみて間違いなさそうだ。

再度、アマノトリアスさんへ

熊本・大分で普及していることは間違いなさそう、じゃあゴッホ画用紙ってどこのメーカーが作っているのか。

そもそもゴッホ画用紙って商品名なのか、規格のことなのかも不明。

作っているメーカーがわかれば直接尋ねることができるかもしれない。

そんな期待を胸に、先ほど電話したアマノトリアスさんへ直接行って聞いてみることに。

amano


tartgeticon

すみません、実は今ゴッホ画用紙のことについて調べているんですけど。(ゴニョゴニョ*これまでの経緯を説明)


myicon

そうなんですね。熊本にしか置いてないんですか。熊本ではスケッチ大会などで普通に使われてますけどね。メーカーは「レイメイ藤井」さんが取り扱われてますよ。


tartgeticon

ちなみにゴッホ画用紙ってどれくらい前からあるんですかね?


myicon

100年前ぐらいからあるんじゃないかしら


tartgeticon

えっ100年前?!すごい歴史が古いんですね。貴重な情報ありがとうございました。

ここで核心に迫る情報をキャッチ。

ゴッホ画用紙のメーカーはレイメイ藤井さんのようだ。

レイメイ藤井さんといえば、紙・文房具などを取り扱うメーカーで、熊本県内の印刷業者や文房具店などの事業者なら知らない人はいないであろう、熊本の老舗地場企業。

どんどん核心に近づいてきた。

そしていよいよ本丸へ。本当にレイメイ藤井さんで作ってるのか。

こんなくだらない質問 直接電話で聞くのもはばかれるので、レイメイ藤井さんのホームページのお問合せフォームから疑問をぶつけてみた。

 

待つこと3日。ついに返信が。

 

-ゴッホ画用紙はレイメイ藤井様の商品ということでお間違いないでしょうか。

はい、間違いありません。

昭和33年3月に誕生した当社ブランドの小中学生用画用紙で、レイメイ藤井と、九州の美術教育関係者の皆様とで共同企画・開発し、用紙メーカー様に製造いただいている商品です。

熊本県を始め九州各県の小中学生を対象とした美術展応募用の指定用紙となりました。

-ゴッホ画用紙の正式名称はあるのでしょうか。

「ゴッホ画用紙」が正式名称となります。

-名称にまつわる由来などあるのでしょうか。

おそらく画家の「ゴッホ」から来ていると思われますが、詳しい由来については不明です。

-ゴッホ画用紙はいつから販売されているものなのでしょうか。

誕生が昭和33年ですので、それ以来の販売となります。

-熊本と大分だけ昔からよく知っている人がいるということは、他県では昔は販売していなかったということなのでしょうか。

熊本で開催されるスケッチ大会(RKK様の主催かと思われます)で、ゴッホ画用紙が指定用紙となっておりましたので、その関係で現在も各学校で使っていただいていることが多いと考えられます。

他県でも販売しておりましたが、熊本・大分以外の県で知名度が低い原因については不明です。(弊社の営業活動の不足ということも考えられますが…)

-ネットでは取り扱ってないようですが、今後販売する予定などあるのでしょうか。

現在、弊社とお取引のある文具店様・量販店様でお取り扱いいただくのみで、残念ながらネット販売の予定はありません。

-ゴッホ画用紙はB3サイズになるかと思いますが、普通のB3サイズの画用紙とゴッホ画用紙とでは違いはあるのでしょうか。

ゴッホ画用紙は表と裏で色が異なります。表は白色、裏面がウグイス色です。

販売開始が60年近く前ということもあり詳しい社員が少なく、ご期待に沿うような回答ではないかもしれませんが、ご参考いただければ幸いです。

-ここまでー

レイメイ藤井さん本当にありがとうございました!

[blogcard url=”http://www.raymay.co.jp/”]

まとめ

  • ゴッホ画用紙は昭和33年販売開始したレイメイ藤井さんのブランドである。
  • 熊本県を始め九州各県の小中学生対象の美術応募用の指定用紙となった。
  • 完全に普及しているのは、熊本・大分だけのよう。
  • 熊本に関しては、市の入札など公の場でも「ゴッホ画用紙」という名称が使われている。
  • ネット販売の予定はなし。

 

というわけで、普段、何気なく使っているものでも歴史があり、知らないことも多いのだと気付かされた今回の件でした。

keturon

こちらもあわせてどうぞ

熊本のトリビア

[blogcard url=”http://kumamo.jp/post-3338/”]

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  1. まゆにゃん : 投稿日:2016/10/04(火) 22:56:13

    ゴッホ紙(大分県では、こう呼んでいるかも)は、髙山辰雄ジュニア美術展(全県で取り組んでいます)の指定画用紙なので、大分の小中高校で、おいていない学校は、ほとんどないと思います。ということは、学校と取引のある文房具店には普通においてあるわけです。「レイメイ藤井」と確かに包み紙に書いてありました。日本中にある画用紙と思っていました!びっくりです。これからも末永く使いたい画用紙です。

コメントをどうぞ

最後までお読み頂きありがとうございます。
この記事が気に入ったらいいね!をぜひ!
もっと熊本を楽しく!
クマモは皆様の「いいね!」に支えられています。

 

クマモが気に入ったらいいね!をぜひ!
もっと熊本を楽しく!
クマモは皆様の「いいね!」に支えられています。

 

熊本のどローカルな情報をお届けするクマモの最新記事を、いいねしてチェックしよう!

  • エンタメ
  • 芸能人・有名人
  • 地域ニュース
  • Twitterまとめ
  • 子ども
  • グルメ
  • 社会
  • ネタ
  • スポーツ
  • 事件・事故
  • ライブ・コンサート
  • クイズ
  • イベント・お出かけ情報
ロアッソ熊本